Windows7に搭載されているxpモードとは

Windows7はXP、ビスタの後継のウィンドウズ用のオペレーティングシステムです。

このWindows7にはxpモードと呼ばれる機能があり、この機能を使う事でWindows7上で、XPのアプリケーション動作を可能にします。

このxpモードは、Windows7上で仮想マシンを起動させ、そこでXPのオペレーティングシステムを起動させると言う仕組みになっています。

オペレーティングシステムのバージョンが上がることで、従来使用をしていたアプリケーションを利用する事が出来なくケースが有ります。
これは上位互換が無いからであり、このxpモードを利用する事で、XPで利用していたアプリケーションを使えるようにするのです。

これはアプリケーションと同時に周辺機器にも同じことが言えます。
例えば、プリンターなどにはドライバーが必要です。
ドライバーは、対応するオペレーティングシステムが決められており、古い時代のプリンターは上位のオペレーティングシステムには使えないケースも出てくるわけです。

しかし、この機能を利用する事で、WindowsXPで動作可能なドライバーであれば問題なくプリンターを利用する事が可能になると言うのです。

因みに、このモードを会社の中で使う場合には幾つかの注意が必要です。
まず、2つのOSを1台のパソコンで動作をすることになりますので、IPアドレスが2つ必要になる事や、セキュリティソフトなどのライセンスが2つ必要になると言った注意が有ります。