Windows7が遅いと感じたら

どのパソコンのオペレーティングシステムでもそうなのですが、使っているうちに動作が遅くなってくると感じつ方が多いのではないでしょうか。それはWindows7も例外ではなく、動作が遅くなる原因としてスタートアップのプログラムがいつのまにか増えていることが挙げられます。スタートアップのプログラムはパソコンを起動と同時に動き出すプログラムのことです。パソコンを使っているといろいろとソフトをインストールしていきますが、その際に知らないうちにスタートアッププログラムがインストールされてしまい、いつの間にか増えてしまっているというケースがよくあります。使う気はないのにバックグラウンドでプログラムが動いていますので、隠れたところでパソコンの能力を使っているので、それが影響してパソコンが遅くなるわけです。それから、パソコンの性能はCPUの性能に大きく作用されますが、情報を保管してあるハードディスクの影響によって動作が遅くなることもあります。使い始めた頃はデータが整然と整理されて保管されていたのが、使い込むうちに乱雑にデータが保管されるようになってしまい、データを読み出すのに時間がかかり、その結果動作が遅いと感じてしまうことになります。使い慣れたWindows7ですが、メンテナンスツールもありますので、たまにはパソコンをいたわってみるのも良いのではないでしょうか。