Windows7の高速化はシンプル表示変更から

Windows8が発売されて、しばらく経ちました。自宅のパソコンがWindows8になっている人が、かなりの数になっているのではないでしょうか。
一方で、職場のパソコンのWindowsは、Windows7のままの人が多いはずです。仕事でトラブルが起きないよう、職場のパソコンのOSはひとつかふたつ前の安定起動するバージョンを使うからです。
まだまだWindows7を使う場面は減らないわけですが、初期設定のまま古いバージョンを使うと、体感的にかなり動作が遅く感じられるようになってきますので、高速化設定をする必要が出てきます。
だれにでもできる高速化でやっておきたいのが、表示をシンプルに変更することです。
Windows7の画面表示は、基本設定ではビジュアル効果できれいに見えるようになっています。ビジュアル効果をなくすと、見た目がWindowsXPのころに戻った感じになり、その分表示までにかかる速度があがります。
とくにフォルダを表示する際の画像表示を簡略化すると、高速化した効果がはっきりわかります。とりあえず高速化をやってみようかと思ったら、効果のわかりやすいシンプル表示変更から手を付けてみるのがおすすめです。