WindowsXPからのシェアが微増している

PCのセキュリティ大事だね。いちど感染してしまったら大変だから。もしWindows XPのままだったら買い替えも必須と考えたほうがいいな。WindowsXP使いやすかったのにな。サポート終了近づいてる。socket478の最終モデルはデスクトップ向けのCeleronD。でもあまりノートに向いてないのでノートにはPentiumMかCeleronM。まあデスクトップにPentiumMもあるけど。Windows XPのシェア、1月に続き2月も微増。来月にサポート終了を控えたWindows XPだが、Net Applicationsの2月分データによると1月に引き続きシェアが微増しているよう。論理が苦しい。セキュリティが重要だと言いながら更新パッチは提供しない。単なる脅しだよね。これじゃ。OS売り切りモデルも限界かな。Windows XPサポート終了直前、マイクロソフトがあらためてセキュリティの重要性。もみたんWindowsXPだっけか。

ipアドレスとか何だろう。無線LAN通ってるのに全然繋げない。windows7デスクトップも家にあって、そっちは繋げてるのに。どっかのHP参考にしたりすればいいのかな。OSはWindows7か8。タスクマネージャーでメモリの状況わかる。7なら、タスクバーを右クリックすると「タスクマネージャーを起動」みたいのがある。クラシックからwindows7仕様に変えるだけで近代化した感じになる。Windows7用のLINEではログインできるけどWindows8用ではLINEにログインできない。Cに搭載されているHDDが1個の場合は交換した後はまっさらになってしまうから、Windows7なり8なりを入れ直さないといけない。HDDを机に例えると、新しい机を買ってきて、引き出しに書物を入れ直す感じ。